次のページ→ #2 「象のマークのアンティークPEUGEOT コーヒーミルのお話」
目次はこちら

#1 「アンティーク ガラスボトルの魅力」


今のように軽くて丈夫なプラスチックがなかった時代、

ガラス瓶やガラス容器は人々にとって生活必需品でした。

そんな全て手作業によって作られたアンティークのガラスは

ひとつひとつ個性があって、

ふたつとして同じ物がないのがほとんどです。



ガラスの中に入った小さな小さな気泡。



アンティーク インクボトル(八角形気泡入り)

シュワシュワしたサイダーみたいで涼しげです。





成型の時にできたしわ。



アンティーク インクボトル(丸)

目を近づけてのぞいてみると、

ゆらゆらしていて水の中にいるようです。





こちらは大変古いイギリスのインク瓶。

厚ぼったいところそうでないところもあって、

色味の濃淡で表情があります。



アンティーク インクボトル2個セット

残ったインクの跡がさらに渋さを増しています。





こちらも大変古いフルーツジュースの瓶です。

昔々ふたの部分も本体と同じガラスの蓋になっていて、

ガラスを切って開けるので、口の部分がどうしてもギザギザになります。



イギリス アンティークのフルーツジュースボトル

頭を傾げたようにゆがんだ形も愛嬌があります。





フランスの修道院で作られた薬草酒のアンティークボトル。

さっきのインク瓶よりは新しいものですが、

枯れた紙ラベルと木箱が味わいがあります。



木箱入りのアンティークボトル(シャルトリューズ)

現存するお酒ですが、アンティークのものは蓋がコルク栓。

いい感じです。





アンバー色のガラスと色褪せた紙ラベルがとてもカッコいい

オランダのガラスボトルです。



オランダ 紙ラベル付きアンティークボトル

元々何が入っていたボトルかは不明ですが、汚れが残っていて

それがいいニュアンスを生んでいます。





フランスの画材店「セヌリエ」の絵の具瓶です。

中にいろんな色の絵の具が残っていて、ワクワクします。



フランス セヌリエのアンティークボトルのセット

印象派の画家たちに愛用された「セヌリエ」の絵の具。

並べて飾ると圧巻です。





こちらはイギリスの薬瓶。

服用禁止と書いてあります。おそらく劇薬が入っていたのでしょう。



イギリス コバルトブルーのボトル 2個セット


なのに深いコバルトブルーがとても美しく、

幻想的な気分が味わえます。





お庭やベランダで摘んだお花を挿して飾ったり、

窓辺に置いて通った光を楽しんだり。



何個でも集めたくなるアンティークボトルには

魅力がいっぱいつまっています。

 
次のページ→ #2 「象のマークのアンティークPEUGEOT コーヒーミルのお話」
目次はこちら
   

New Arrival

Category

 
F